お問い合わせはこちらtel.0977-75-8931

an調剤薬局

自宅で安心してお薬が受け取れる安心・信頼のかかりつけ薬局

店舗紹介別府・中津・大分と店舗を展開しております。お薬のこと、気になること、何でもお気軽にお問い合せ下さい。

6月22日第3回フィジカルアセスメント 漢方薬の副作用と身体所見について 総合診療科黒田明子先生 大分大学病院にて

漢方診療の実際で舌診・脈診・腹診は以前から薬剤師も勉強してる人はいました。今回の勉強会では漢方の副作用で間質性肺炎の初期症状である「息切れ・空咳・発熱」の時に聴診器を使って間質性肺炎・肺炎・正常の肺の音を聞き分けるのですが、背中からのほうが聞きやすいですね。次回からマイ聴診器を持参します。

an調剤薬局写真添付

ページトップへ

平成26年6月13日(金)トキハ会館カトレアローズの間
大分在宅歯科医科連携学術講演会

在宅・居宅の使用様で胃瘻で口腔内がかなり汚れている。またガン末期なると口腔内が内出血している。施設・医師・ケアマネから連絡があり、口腔内をきれいに保つこどで、誤嚥性肺炎も減るそうである。全身を守る歯科衛生士さんの指導いより口腔ケアが保たれQOLがよくなるそうです。口腔内をみることがなかったのでびっくりしました。

an調剤薬局写真添付

ページトップへ

平成24年6月12日中津市医師会 学術講演会 子どもと大人の感染症、最近の話題

MRワクチン(水痘・おたふくかぜ)は予防接種は1歳になったらできるだけはやく受けましょう。1回目から3か月たったら2回目を受けましょう。
MRワクチンのおかげで麻疹による死亡数が減っているようです。また水痘ワクチン定期接種化について審議されています。効果として、水痘予防、そして帯状疱疹予防に効果があるようです。肺炎球菌ワクチン(小児用・大人用)があり、死亡率プラセボ比較で35.1%減っているようです。小さい子供と高齢者の死亡の原因は肺炎が多いので、注射するといいですね。2013年度からヒブワクチンが接種できるようになりました。生後2か月からワクチンデビューが大事です!接種できるので6か月くらいでヒブ感染症は増えてきますので、接種するといいでしょう。薬剤師として抗生物質の使い方、多剤耐性肺炎球菌の現状と友好な抗菌剤の話は小児科の薬を調剤している私には勉強になりました。(津田)

an調剤薬局写真添付

ページトップへ

2013.11.27 ノロウイルスに注意!

ノロウイルスによる感染性胃腸炎や食中毒は、
一年を通して発生していますが、特に冬季に流行します。

ノロウイルスは手指や食品などを介して経口で感染し、
嘔吐、下痢、腹痛などを起こします。

健康な方は軽症で回復しますが、
子供やお年寄りなどでは重症化したり、
吐物を誤って気道に詰まらせて死亡することがあります。

ノロウイルスについてはワクチンがなく、
治療は輸液などの対症療法に限られます。

従って、皆様の周りの方々と一緒に、次の予防対策を徹底しましょう。

○ 患者の便や吐物には大量のウイルスが排出されるので、
 (1) 食事の前やトイレの後などには、必ず手を洗いましょう

 (2) 下痢や嘔吐等の症状がある方は、食品を直接取り扱う作業をしないようにしましょう。

 (3) 胃腸炎患者に接する方は、患者の便や吐物を適切に処理し、感染を広げないようにしましょう。

○ 特に子供やお年寄りなど抵抗力の弱い方は、加熱が必要な食品は
中心部までしっかり加熱して食べましょう。
また、調理器具等は使用後に洗浄、殺菌しましょう。
このリンク先は厚生労働省のサイトです。

an調剤薬局写真添付

ページトップへ

2013.11.11 インフルエンザ2

先週よりも寒くなってきていて最低気温が10℃を下回るようになってきました。
先々週(10/28〜11/3)は大分でインフルエンザが数件報告されているようです。

インフルエンザの主な感染経路は、咳やくしゃみの際に口から発生される小さな水滴(飛沫)による飛沫感染です。
そこで重要なのが『咳エチケット』です

[1]咳やくしゃみを他の人に向けて発しない
[2]咳やくしゃみが出るときはできるだけマスクをする
[3]手のひらで咳やくしゃみを受け止めた時はすぐ手を洗う

このようなことを守るように心がけましょう。

※咳エチケット用のマスクは、薬局やコンビニエンスストア等で市販されている不織布(ふしょくふ)製マスクの使用が推奨されます。

an調剤薬局写真添付

ページトップへ

2013.11.1 インフルエンザ

朝晩はぐんと冷え込み、これからますます寒くなっていきます。
先週(10/21〜10/27)の大分県内のインフルエンザの発生は0件でしたが、全国では少しずつ報告が増えてきています。

インフルエンザにかからないためにはどうすればいいでしょうか。

@ 流行前のワクチン接種
A 飛沫感染対策としての咳エチケット
B 外出後の手洗い等
C 適度な湿度(50〜60%)の保持
D 十分な休養とバランスのとれた栄養摂取
E 人混みや繁華街への外出を控える

具合が悪ければ早めに医療機関を受診しましょう。

an調剤薬局写真添付

ページトップへ

2013.9.16 お薬相談会を開催しました。

9月16日中津市の下池永地区にてお薬相談会を開催いたしました。
当日は薬と食べ物の飲み合わせや飲み忘れ時の対処法についてお話し、お薬手帳を持参された方からの質問などを受け付けました。
お薬についての疑問などは随時受け付けていますのでお気軽にお問い合わせください。

an調剤薬局写真添付

ページトップへ

2013.5.31 お薬相談会を開催しました

5月31日長浜校区公民館にてお薬相談会を開催いたしました。
出席者からの質問も多く大盛況のうちに終えることができました。
今後も開催していく予定ですのでその際は多数のご参加お待ちいたしております。

an調剤薬局写真添付

ページトップへ

2013.5.28 子供の粉薬の飲ませ方

子どもの中には味覚が鋭敏な子もいて、薬の味をいやがることや、うまく飲み込めないことがよくあります。それでなくても病気できげんが悪い子どもに、薬を飲ませるのは大変ですね。
けれど、薬は医師の指示通りにきちんと飲んではじめて効果が出るものです。飲ませるためのちょっとしたコツや工夫を知っておきましょう。


1.のみきれる量の水などに溶かしてスプーンやスポイトで少量ずつ口の中に入れのませる。

2.少量の水などで練ってペースト状にし、上あごにすりつけ、その後水などでのませる。

3.水あめ、シロップ、チョコレート、ココアなど甘いものを加える。

4.アイスなどの冷たいものに混ぜる。(ただし体を冷やして咳を誘発する可能性があるため注意)

an調剤薬局写真添付

ページトップへ

2013.4.28 ホームページ完成のお知らせ

この度an調剤薬局のホームページが出来上がりました。
皆様と私共を繋ぐツールとして今後活用してまいります。
お客様のお声を頂戴しながら今後も地域に根ざした薬局を目指してまいります。

今後ともan調剤薬局を宜しくお願いいたします。

an調剤薬局写真添付

ページトップへ

ページトップへ

店舗紹介

やまなみ店

営業時間
平日/9:00〜18:00
(土曜日は13:00まで)
定休日/日曜・祝日

詳しく見る

大分店

営業時間
平日/9:00〜18:00
(土曜日は13:00まで)
定休日/日曜・祝日

詳しく見る

調剤薬局 石だたみ

営業時間
平日/9:00〜18:00
(土曜日は13:00まで)
定休日/日曜・祝日

詳しく見る